In-Field Studio 2017を終えて

“After In-Field Studio 2017”

Rabindranath Tagore’s life works gave a historical connection and motivation for us even after 100 years. He tried to aim what was the regain of the humanity and the economical independence of rural areas at Santiniketan, India, in the beginning of the 20th century.

At his school in Santiniketan, he intended the seeking for the humanity that can be connected to Tenshin (Kakuzo) Okakura’s vision of “the comprehensive arts”, and then with Kenji Miyazawa’s “Farmers’ Arts” theory. Through “In-Field Studio”, we would try to relate our contemporary activities to the great intellectual legacies of their work and hope to develop them to the next stage.

In-Field Studio was held in Vadodara in Gujarat State, India over the past 3 years. In this time we moved into a rural and tribal village in
Santiniketan, West Bengal. It is a good opportunity for us to aware the omnidirectional human life in the nature.

To get in the tribal village, sketching their living way and making somethings for the residence was a very challenging trial, because that had a possibility to break the customs and culture of them. However, we look the field from inside, think, and make something. The name of this workshop “In-Field Studio” has the meaning of such kind of movement.

The big achievement of this workshop was the cooperation of Vadodara Design Academy, Visva-Bharati University, especially Kheladanga Village, and Amurkutir Society, and addition to that, good interaction with participants from overseas (Japan, Germany).

In the final day of this workshop, I could never forget that the lively atmosphere of the final performance of each group and the spectacle of lunch session in which all the village people gathered and joined us. We would like to say thank all of you to join this workshop. In-Field Studio will be held and advanced more in the future absolutely. The continuation of this activity is also one of the aim of this studio, and it is necessary for that to be a movement. We are looking forward to see you next time.

31st Mar, 2017
Kengo Sato
Director of In-Field Studio


「In-Field Studio 2017を終えて」

20世紀初頭にラビンドラナート・タゴールが取り組んだ人間性の恢復、インド農村の地域経済の自立という目標は、それから約100年を経た今私たちにとって歴史的な接続点、地域的な動機としてサンティニケタンの地に根付いている。タゴールがシャンティニケタンでの学校の創設において意図した、あるべき人間生活の希求は、翻っては日本の岡倉天心の「総合芸術」という世界観、さらには宮沢賢治の「農民芸術」が向かおうとした創作世界に通じていたのではないだろうか。私たちはそうしたかつての偉大な試みとの連関を探りながら、さらなる発展の形を目指ざすべく、この国際ワークショップ「In-Field Studio」を企画した。
過去三年にわたりインド西部のバローダで行ってきたワークショップをベンガル地方のサンティニケタンの農村へ展開することは、人間の生活をより総合的に捉えようと試みる場として相応しいものであった。
農村に入りこみ、スケッチをしたり実物を制作をすることは、農村の人々の慣習や文化を壊しかねない非常に挑戦的な試みであった。けれどもある地域圏を内から眺め、考え、作る。このワークショップ「In-Field Studio」の名前にはそうした運動の意が込められている。
今回のワークショップの大きな収穫は、バローダデザインアカデミー、ビスバ・バラティ大学の協力に留まらず、国外(日本、ドイツ)からの参加者、ケルタンガ村、アマルクティソサエティとの協同が実践できたことであった。最終日の各チームの芝居の上演と村の人々が集まった昼食会の場の躍動感は決して忘れることのできないものであった。今回関わった全ての人にこの場を借りて感謝を申し上げたい。In-Field Studioはこれからも開催される。運動の継続こそがこのスタジオの役割であり、運動が運動となるために必要なことでもある。次回会えることを楽しみにしている。

2017年3月31日

佐藤 研吾   (In-Field Studio ディレクター)

>In-Field Studio 2017の開催概要はこちら

The final performance

The lunch session at the final day

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です